このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

予防接種後の健康被害救済制度

更新日:2023年8月29日

副反応について

  • 接種後に発熱や腫れなどの体調変化があった場合、まずは接種医やかかりつけ医など身近な医療機関にご相談ください。
    相談先に迷う場合は、宮城県新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター(電話番号:050-3615-6941 (受付時間:午前8時45分から午後5時15分まで))においても、ご相談に対応しています。
  • ファイザー社の新型コロナワクチンでは、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。
    接種後アナフィラキシーが発症した場合に、すぐに治療を開始できる体制を整備しています。
  • 極めて稀ではあるものの、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあることから、予防接種に基づく救済制度が設けられています。
  • その他、新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する情報は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。宮城県公式ホームページの「ワクチン接種後の副反応について」(外部サイト)などをご覧ください。

健康被害救済制度について

予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。
予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。
(厚生労働大臣の認定にあたっては、第三者により構成される疾病・障害認定審査会により、因果関係に係る審査が行われます。)
 
【参考】 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予防接種後健康被害救済制度について(厚生労働省)(PDF:560KB)(外部サイト)

申請から認定・支給までの流れ

認定・支給までのイメージ図

認定・支給までの流れ

健康被害救済給付の請求は、健康被害を受けたご本人やそのご家族の方が、予防接種を実施した(住民票のある)市町村に行います。
申請を検討されている方は、下記連絡先までお問い合わせください。

給付の種類・給付額・必要書類等

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「予防接種健康被害救済制度について」(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご確認ください。

お問い合わせ先

東松島市健康推進課予防健診係

電話:0225-82-1111(内線3107)

本文ここまで


以下フッターです。
ページの先頭へ戻る
仙台から東松島市まで約40分

東松島市役所

〒981-0503 宮城県東松島市矢本字上河戸36番地1(矢本庁舎)
〒981-0303 宮城県東松島市小野字新宮前5番地(鳴瀬庁舎)
電話:0225-82-1111(代表)
FAX:0225-82-8143
Copyright (c) Higashi matsushima City. All Rights Reserved.
当ホームページで使用しているすべてのデータの無断転載を禁じます。
フッターここまでこのページのトップに戻る